シアリス

シアリス効果/36時間効果が持続するED治療薬

シアリス効果

シアリスは現在発売されているED治療薬3種類の中で、最も後から発売されたED治療薬です。

 

最も後から発売されたという事は、バイアグラなどシアリスより前に発売されたED治療薬の欠点を研究して製造されたお薬という事です。

 

何と言っても、驚きなのはシアリスの20mg錠は、効果が36時間も続く事なんです。

 

バイアグラの5時間、レビトラの10時間に比べても驚異的な持続時間と言えます。

 

 

例えば、金曜日の夜飲んだとすれば、効果が日曜日の朝まで続く事になるんですね。

 

なので、シアリスは別名「ウイークエンドピル」とも呼ばれているんです。

 

パートナーとの週末お泊り旅行などには、まさにピッタリの薬と言えます。

 

シアリスの主成分はタダラフィルと言って、バイアグラ、レビトラと同じPDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬のカテゴリーに入ります。

 

日本では「日本新薬株式会社」から発売されていて、5mg、10mg、20mgの三種類での発売です。

 

長時間作用するという事は、バイアグラやレビトラと比べてマイルドな効果で自然な勃起になるという事なんです。

 

長時間作用する分、ほてりなどの副作用の出方が弱いと言うメリットもあります。

 

「シアリスは食事の影響を受けない」と言われていますが、食事をした直後に飲んだ場合は100%の効果を期待する事は出来ません。

 

やはり、空腹時に服用し、血液中にシアリスの成分であるタダラフィルが完全に吸収されるのがベストな状態と言えるんですね。

 

数量の売り上げシェアでバイアグラを超え、世界一になったシアリスの愛用者は増える一方だと思われます。

 

金額的にお得感のある「シアリスジェネリック」のお薬も、インターネット通販で購入することが出来ます。

シアリスの飲み方

「シアリスは食事の影響を受けない事がメリット」とよく言われます。

 

では、食事の影響とはどのような状態の事なんでしょか?

 

食事をした後に、シアリスを飲んだ場合の事を言っています。

 

「食事をした後」と言っても、15分後から2時間後まで様々なパターンがありますよね。

 

一般的に言われているのは、食後2時間経過すれば胃の内容物は消化されていまうので、シアリスを飲んでも大丈夫という事なんです。

 

しかし、食事の内容が脂っこい物だとすれば、胃の内壁に脂の膜が出来てしまうため、血液中に成分が十分に吸収されなくなってしまい、100%の効果を発揮できない場合が出てきます。

 

 

なので、基本的には「完全な空腹時に飲む」事を心がけましょう。

 

そうする事によって、シアリスの主成分であるタダラフィルが、他に胃の中に何も入っていないため、胃の毛細血管から血液中に素早く吸収され、効果を発揮するようになるんです。

 

「腹が減っては戦は出来ない」から、ベッドインは食事をしてからでないと、という人は「完全な空腹時」にシアリスを飲んでから、30分以上経過してタダラフィルが完全に血液中に吸収されてから食事をしましょう。

 

その状態になれば、多少脂っこい物を食べても効果に影響はありません。

 

かと言ってあまり脂っこい物は避けた方が無難です。

 

できれば、和食の様にさっぱりとした味付けの物がベターだと思います。

 

お酒に関しても、いつも自分が飲んでいる量より多少が少なめに飲んでおいた方が、パートナーのためにも無難だと思いますね。

シアリスジェネリック

TPP交渉が難産の末に妥結されました。

 

今回の交渉の最大の懸案であるバイオ医薬品のデータ保護期間について、実質的に8年とする妥協案で折り合いました。

 

 

データ保護期間とは、最先端のバイオ医薬品の独占販売を開発メーカーに事実上認める期間のことを言うんですね。

 

データ保護期間については、有力な製薬会社を抱える米国が「12年」を主張する一方、安価な後発医薬品(ジェネリック)の普及を進める豪州などが「5年以下」を主張し、対立が続いていました。

 

今回の会合で米側は「実質8年」を許容する案を提示し、米豪のぎりぎりの調整の結果、保護期間を実質的に8年とし、各国の国内法制に応じて柔軟に適用できる仕組みとすることで折り合ったとみられるとのことです。

 

このことで、ジェネリック医薬品の販売競争が激化する事が予想されます。

 

日本も例外ではなく、財政再建の目玉政策である「医療費抑制」の決定打として「2030年までに処方薬の内、ジェネリック薬品の占める割合を60%に持って行く」という目標を厚生労働省が決定したんですね。

 

シアリスは特許満了期限が20年という長さの薬なので、日本でジェネリック薬を作ることはまだ出来ませんが、インド製のシアリスジェネリックを個人輸入する事は可能なんです。

 

TPP交渉の妥結を受けて、ますますジェネリックが私たちの生活に浸透してくることは間違いないでしょう。

 

欧米では、ジェネリックが発売されると、1か月後にはジェネリックの占有率が80%になる事も珍しくないと言われるほどジェネリック薬は普及しているそうなので、日本も間違いなくジェネリック薬が当たり前の時代がやって来るんでしょうね。

シアリス・ザルティア

シアリスの主成分は、PDE阻害薬と呼ばれるジャンルの「タダラフィル」です。

 

2014年に、この「タダラフィル」を主成分とする前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」が、厚生労働省に認可されました。

 

名称は「ザルティアR錠2.5mg」と「ザルティアR錠5mg」の2種類で、「日本イーライリリー株式会社」により開発、販売されています。

 

名称にあるように、「タダラフィル」の含有量は2.5mgと5mgとなっています。

 

ここで気になるのは、PDE阻害薬とおなじ成分で作られた「タダラフィル」は、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善の効果だけではなく、ED治療薬としての効果もあるのではないかという事なんですね。

 

「ザルティア」は厚生労働省認可なので、健康保険証が使える「保険診療」が出来るという訳なんです。

 

ところが、シアリスは「保険診療」摘要外なので、そこそこの金額を払わないと手に入らないんです。

 

「保険診療」が適用できるメリットを使って、「ザルティア」をED治療薬として格安に手に入れることを考える人がいても不思議ではありません。

 

しかし、「ザルティア」はあくまでも「前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善」が目的なので、「前立腺肥大症に伴う排尿障害」の症状が無いと処方してもらえませんよね。

 

検査した結果、前立腺の肥大が発見できなければ、当然医師も処方箋は書けないわけです。

 

もう一つ、「タダラフィル」の含有量が2.5mgと5mgである「ザルティア」に、タダラフィル20mgのシアリスと同じ効果を発揮させるためには、最低でも4錠飲まなければなりませんよね。

 

これは非常に効率が悪いし、「保険診療」摘要とは言っても結局そこそこの金額になってしまいます。

 

金額を抑えたいのであれば、シアリスのジェネリック薬を購入したほうが得策ではないでしょうか。

シアリス通販

パソコンやスマホの普及によって、インターネットの利用者は急増しています。

 

平成24年末のインターネット利用者数は、平成23年末より42万人増加して9,652万人(前年比0.4%増)となっており、日本の人口に対する普及率は79.5%(前年差0.4ポイント増)となりました。

 

じつに、10人の内8人近くがインターネットを利用している事になるんですね。

 

平成24年末における個人の世代別インターネット利用率は、13歳〜49歳までは9割を超えているのに対し、60歳以上は増えてはいるものの年代間の格差が見られるようです。

 

収入による格差もみられ、年収400万円以上では利用率が8割を超えていますが、低所得者の利用率との格差が見られます。

 

このように、当たり前にインターネットを利用している状況の中で、平成26年6月12日から「一般用医薬品」がインターネットでも販売・購入することができるようになったんです。

 

「一般用医薬品」は、年齢も体質も違う様々な人が使えるように、効き目を調節してより安全性を高めてつくられており「市販薬」「大衆薬」とも呼ばれているんです。

 

一般用医薬品は、いままで第3類以外は、インターネットでの販売は認められていませんでしたが、平成25年12月に薬事法が改正されたことにより、平成26年6月12日から第1類、第2類、第3類のすべての一般用医薬品は、一定の条件の下、インターネットや電話などで販売できるようになったんです。

 

ちなみに、医療用医薬品については、身体に対する影響も大きく、重い副作用を生じるおそれがあるため、いままでと同じく薬剤師が対面で販売することが義務づけられ、インターネットなどでの販売はできないんです。

薬事法改正

私たちが使用する医薬品には、病院からの処方箋が無くても薬局で購入することが出来る「一般用医薬品」と、病院からの処方箋が無いと購入することが出来ない「医療用医薬品」の2種類があるんです。

 

「一般用医薬品」は、年齢も体質も違う様々な人が使えるように、効き目を調節してより安全性を高めてつくられており「市販薬」「大衆薬」とも呼ばれています。

 

「一般用医薬品」は、副作用などのリスクの度合いによって、「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分類されているんです。

 

「第1類医薬品」は、副作用などのリスクがあり、特に注意が必要なもので、販売する際に薬剤師が医薬品に関する情報提供をすることが条件とされているんです。

 

「第1類医薬品」には胃薬や育毛剤などがあります。

 

「第2類医薬品」は、副作用などのリスクがあるもので、販売する際には薬剤師または登録販売者(第2類・第3類医薬品についての知識をもつ者として、都道府県の行う試験に合格し、登録を受けた者)が情報提供をすることとされています。

 

胃腸薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬などが「第2類医薬品」に分類されます。

 

「第3類医薬品」はそれ以外の一般用医薬品で、薬剤師または登録販売者によって販売されるんです。

 

今までインターネットで販売できる「一般用医薬品」は「第3類医薬品」のみでしたが、平成25年12月に薬事法が改正され、この改正薬事法が施行される平成26年6月12日から、第1類、第2類、第3類のすべての一般用医薬品が、一定の条件の下、インターネットや電話などで販売できるようになったんです。

 

なお、「医療用医薬品」については今まで通り薬剤師が対面で情報提供や指導を行って販売する事が、義務づけられました。

シアリス効果・PDE5阻害薬

シアリスの成分であるタダラフィルは、「バイアグラ」「レビトラ」と並んで「PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬」と言うカテゴリーになるんです。

 

シアリスは、このカテゴリーの中で、2013年度上半期に対前年比12%の成長を示し、過去最高となる1,044百万U.S.ドル(約1,020億円)の売上を達成し世界で最大の売り上げを達成し、PDE5阻害薬としてのシアリス錠の全世界シェアは42%となりました。

 

勃起のシステムは、まず主に自律神経を介して興奮が陰茎に伝達される事から始まります。

 

興奮を伝達された海綿体神経の末端から神経伝達物質が分泌されることにより、 陰茎海綿体の平滑筋が弛緩し、平滑筋が弛緩すると動脈から海綿体への血液の流入量が増加して、 海綿体が膨らんでいきます。

 

白膜内で海綿体が膨らむことによって、 海綿体内の静脈は外圧の高まりに応じて閉塞していきます。

 

静脈の閉塞により、海綿体に蓄積された血液は体循環に返血されずに陰茎に蓄積して、 陰茎が勃起していきます。

 

このような勃起のシステムの中で、PDE(ホスホジエステラーゼ)5は陰茎海綿体に豊富に存在しており、勃起を促進させるcGMPという酵素を分解してしまう働きがあるんです。

 

このようなPDE(ホスホジエステラーゼ)5の働きを阻害する事によってEDを治療するので、PDE5阻害薬と言う名称がついたんですね。

 

PDE5阻害薬が登場した事は、 それまでED/勃起不全治療において有効なものが数少なかった状況を一変させた画期的な薬剤として、 一大センセーションを巻き起こしたんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ